fc2ブログ
NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
高知のバリアフリーと移動課題
2021年09月18日 (土) | 編集 |
5年前から当法人の理事長笹岡が四国運輸局「バリアフリー推進四国地域連絡会議」の委員をさせて頂いています。高知の現状や取り組みの報告をさせて頂くことと併せて、四国の他の三県、四国運輸局のバリアフリーに関する情報を勉強させて頂く貴重な機会を頂いています。

今年度は7月にコロナ対策のため初のオンライン開催となりました。四国運輸局HPに会議資料・内容の報告が掲載されましたので関心のある方はぜひご覧ください。配布資料のPDFデータの後、テキストデータ(音声読み上げ対応可)もアップされています。

NPOふくねことして、タウンモビリティやバリアフリー観光事業に取り組んでいる中で「移動」課題は常に突き当たる問題です。当事者の方々の声も届き、行政や交通事業者の方々とも連携できる立場にある私たちに出来ることは何かと考えこれまでもアクションを起こしてきていましたが、そう簡単に現状は変わりません。継続して意見交換の場は必要ですし、お互いの考えや取り組みを理解して「ともに」改善に向けて協力していける関係づくりも重要です。



そんな中、平成30年にオリパラ開催に向けてバリアフリー法の一部改正があり、その中で「障害者等の参画の下、施策内容の評価等を行う会議の開催」についても明記されていました。『当事者の参画』それが何より重要と考えアクションを起こしました!

「バリアフリー推進四国地域連絡会議」の場で、四国分科会として四県まとめて1回の開催ではとても各地域の課題やニーズについて議論する時間が足りないので、四県それぞれに場を設けて欲しいとお伝えしたところ委員の皆さんにも賛同して頂き、ご尽力頂いた四国運輸局の皆様のお陰で高知での交通関係者と各障害、高齢当事者との意見交換会が、コロナの影響で1年遅れましたが今年の3月に実現しました。

しかし四国四県それぞれで毎年開催は難しく、高知での次の開催は3、4年後となると思いますがそれでは間に合いません。このきっかけを絶やさずに集まった皆さんとのネットワークを繋いでいき、継続して情報交換・意見交換の機会を作っていくこともNPOとして重要な役割と考えています。ただ、私達の力だけでは実現できません。高知の公共交通を誰もが当たり前に利用できるものに、そしてどんな重い障害があっても高齢になっても誰もが出掛けたい場所に出掛けられること、移動の権利が保障されることが「当たり前」になる高知を実現できるように共感してくださる皆様のご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いします!(^^)
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック