fc2ブログ
NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
とさでん交通が障害者に優しい交通機関へ NPOと意見交換(高知新聞に掲載されました)
2016年11月26日 (土) | 編集 |
2016年11月。高知新聞夕刊に掲載れた記事の画像を添付します。
「障害者に優しいバスを 交通改善へ」
tosadenkiji20161124s.jpg

タウンモビリティに来られる障害のある方や高齢の方から、街に移動のサポートがあっても、街ま出掛けるアシがないから出掛けたくても出掛けられないと諦めざるを得ない場合も多いこ障害者・高齢者には公共交通が利用しづらいと感じているこ、配慮がなく傷つく経験があると乗りづらくなるけれどそれも公共交通を本当は利用したいこ・・・など、いろいろ意見が集まっていました。

その中も、高知は事前に予約しない車椅子の方はバスに乗れない状況であるのに予約したバスに通過れるいう事態がたびたび起こっているという当事者からの報告があり、このままは体温調節の難しい障害の方には生死にかかわる深刻な問題となっているため市・県の交通関係課を通して相談に伺いと交通様と意見交換を行える場を設けて頂きました。
10/14に交通様から4名タウンモビリティステーションふくねこにお越しくだり、当法人も身体、視覚障害、高齢の方など当事者の方に集まって頂き意見交換の場が実現しました。
あくまNPOふくねことしては、誰もが利用しやすい公共交通の実現いう目標を参加者が共有して頂き、円滑に前向きに話し合いが進むために、中立の立して進行役を務めさせて頂きました。

当事者の方々の声を受けて、と交通様から新たに改善してくだった点して
また、乗客の意見を伝えられるお客さまアンケートを実施し社内で共有する仕組みを新たに設定してくださいました。(乗車した車両には記入できる葉書を設置)

高知の公共交通の現状は、他県に比べて悲しいほど遅れていますが・・・これから、継続して意見交換会の場も設け今後も「もに」改善に取り組いける関係を築いていけたら考えています。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック