fc2ブログ
NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
徳島タウンミーティングに参加しました
2010年09月27日 (月) | 編集 |
9月26日(日)、ふくねこメンバー4名が福祉住環境コーディネーター・徳島タウンミーティングに参加してきました。

第1部は「インテリア・リハビリテーション」
     ~リハビリ効果のインテリア まずは整理収納で安全・安心~
       講演:池田由里子氏((株)リハブインテリアズ 代表取締役)
池田由里子氏講演

講演は以下のような内容でした。

A インテリア・リハビリテーションとは?

○インテリアをリハビリする(インテリアの本来の力を再び適切にする)
○インテリアでリハビリする(心を癒す、認識しやすくする)
 ・場所としてのインテリアのリハビリテーション
 ・インテリアを通じた人々の心のリハビリテーション
 ・機能性だけでなく、遊び心を取り入れ、わくわくする、その空間に行きたくなるインテリア
 をアドバイスする。
 ・床や壁の材料だけでなく、飾り付けやドアの色を変える等、方位や出入口からの遠近だけで
 なく利用者が選ぶことのできる施設、部屋を提案する。

○椅子とテーブル
 ・椅子は離床促進効果がある。椅子の良し悪しがADLを左右し、それに伴い自立度・介護度
 にも大きな影響を与える。機能性のある椅子だけでなく、椅子を「福祉用具」としてとらえる
 ことが必要。
 ・座位の姿勢が悪いと、目が合いにくくなる、コミュニケーションが取りにくくなる。体圧分
 散や座面高さに配慮する。 

 ・テーブルの高さ・・・高すぎる食卓は奥のおかずが見えず、何を食べているのかわからない。
          利用者に合った椅子やテーブルを。最近は調整機能付きも多い。

B リハビリ効果のインテリア
 
○「看護婦は自分の担当は病室でなく、病人だけだと考えることが多い」(「看護覚え書き」より)
  施設のスタッフは建物に興味の無い(口を出せない)ことが多い。
  
○施設建築に関わる場合、使い方の指導にも入らせてもらう。(「環境セミナー」を開催する)
  使い方のアドバイスを受けることで、スタッフもこの空間を維持して行こうと努力するようになる。

○整理収納(整理・収納・片付け・整頓の違い)
  家の中には、本人と家族と「モノ」がある。
  テキストの住環境整備には、リハビリ(本人)、バリアフリー(家)。。。「モノ」が出てこない。
  「モノ」はそのままでいい?(通路圧迫、動線が悪い、棚の上の荷物は転落の危険もある)

  生前整理(老前整理)とは・・・元気なうちにもう一度暮らしを見つめなおし、身軽にする。

 ・整理の手順・・・基準は、今使っているかどうか。
 ・収納のコツ・・・使う場所、頻度、グルーピング
 ・少ないもので豊かに暮らす
  50歳代~定年前後 全ての持ち物の棚卸しを。
  リフォームよりも持ち物の整理の方で、気持ちの整理がつきその後の生活が豊かになる場合も。


第2部は、座談会

1009260005.jpg
左から、プロダクトデザイナー・倉橋雄二氏、池田氏、一級建築士・杉本真理子氏、AGN代表理事・本田氏(進行役)

1009260008.jpg

キーワードは「クロスオーバー」(ジャンルを超えて融合すること)
お互いの立場から、講演についての感想、池田氏に聞いてみたいこと等を話されました。


最後は池田氏より、
高齢者のモノの持ち方の背景には、もったいない。ものが多い=豊かさの象徴等、戦前戦後の貧困環境が影響している。それを踏まえた上で、ケアの仕方を変えて行く。
インテリアはあくまでもコミュニケーションの背景であり、人生の舞台である。あくまでも主役はそこに住まう人々である。」という言葉で座談会終了。

そして今回共催である福祉住環境コーディネーター協会から来られた川瀬氏よりご挨拶。
1009260009.jpg

今回の講演で出てきた、「わくわくするような住環境整備」「『モノ』が残ったままのバリアフリーでは危険なまま」ということを今後配慮していきたい。」とおっしゃっていました。

講演を聴いて。。。
大変興味のある講演でした。北欧の事例も見せていただきましたが、習慣の違いもあり、部屋はとても片付いていて写真など素敵に飾られていました。これを日本の施設・住宅にも!とはなかなかいきませんが・・・。

老いを迎えるにあたり、全ての持ち物のたな卸しを。。。まずは机の引出しから。一度にじゃなくてもいい。。。豊かなシニア人生の為に気持ちの整理もしておきたいですね。

池田由里子さん、ぜひ高知でもご講演いただきたいです。
阿波グローカルネットの皆様、お疲れ様でした(^^)

以上、TMの報告でした。



ネットワーク会議HP開設のお知らせ
2010年09月13日 (月) | 編集 |
ふくねこも参加しているネットワーク会議のHPが開設されました\(^o^)/
北は北海道から南は福岡まで、全国各地の団体の活動や各地で開催されるイベントの情報等
いろいろな情報が見られます!
ぜひご覧下さい(^^)

福祉住環境ネットワーク会議 http://www.u-bappu.jp/
第7回福祉住環境ネットワーク会議全国大会in岩手
2007年12月05日 (水) | 編集 |
理事長、笹岡です。
1年に一度、全国の仲間が集うこの大イベントも、今年で7回目となりました。今回は、ふくねこから、理事長笹岡と副理事長岡本の2名で参加してきました。
思えば2001年に福祉住環境コーディネーターを取得してから、情報を求めて西へ東へと奔走する中、ゆにばっぷの芳村さん(NPO法人ふくねこ監事でもあります)との衝撃的な(?)出会いがありました。その当時はまだ個人で悪戦苦闘していた私は、いろいろと地元での動きをご指導いただく中、「今度福祉住環境コーディネーター協会が出来るらしい。」というお話を伺って、
「やっぱり中央からの発信だけではダメですよね。それぞれの地域性の違いや、抱えている問題が違うから、地域からの発信が必要ですよね!」
などと、若輩者のクセに熱く語った記憶があります。その数日後、芳村さんから
「笹岡さん、四国でネットワークをつくってみませんか?」
という思いもしないご指名を頂き、そんなものが作れる自信もないし、手段も分からぬまま、想いだけで走り始めました。ゼロから、愛媛、香川、そして徳島の阿波グローカルネットと・・・気がつけば、つながりが広がっていました。
そして第1回に大阪で開催されたネットワーク会議に参加。
地元で奮闘している苦労や孤独感を分かち合えて、また同じ志で頑張っている仲間から情報や経験からのアドバイス、そして厚い友情と・・・さまざまな宝物をいただいて、お腹一杯、胸いっぱいで、またそれぞれのホームグラウンドに帰り、頑張っていける。
そんな場所がこの全国大会なのだと、毎年無事に参加できることを幸せに思っています。
 
今回は、前々議長大志田さん率いる「いわて福祉住環境コーディネーター・ネットワーク」の所在地、岩手県盛岡市での開催。初めて降り立つ東北の地に感激しながらの参加でした。
全国の皆さんとの再会を喜びつつ、前議長、福井「ふくふくネット」の谷口さんの司会で、なごやかに大会がスタート。内容を詳しく紹介したいのですが、まとめるのに時間がかかりそうなので、簡単に画像で紹介します。
岩手(大会始まり)

開催地、岩手の大志田さんのあいさつ。
岩手(開催地代表のあいさつ)

会場の様子1(各地から、3分間の簡単な活動報告を。)
岩手(大会の様子1)

全体の様子2
岩手(大会の様子2)

全体の様子3
岩手(大会の様子3)

全体の様子4
岩手(大会の様子4)

休憩時間には、恒例の各地のお土産コーナーが。
岩手(休憩時間のお土産コーナー)

休憩を終えて、3つのNPOから活動報告を。
まずは、NPO法人さっぽろ住まいのプラットフォームからの報告。
岩手(さっぽろプラットフォーム報告)

徳島NPO法人阿波グローカルネットから、COBOが生まれるまでの経緯とその反響などを報告。
岩手(徳島COBO)

NPO法人ゆにばっぷから、豊中市との協働事業提案として「暮らしのポータルサイト」の経過報告。
岩手(豊中市暮らしのポータルサイト)

最後に、新議長に選任された、新潟県「グループ築宅」の品田さんからの挨拶。
岩手(新議長あいさつ)

 
そして、大懇親会の始まりです。もちろん楽しく飲みながらですが、この場を通して、会議の場では聞けなかったことを突っ込んで話を聴いたり、出来るだけ一人でも多くつながりを作って情報交換が出来る機会なのです。皆さん、忙しく席を立ち動き回っていました。
岩手(懇親会の始まり!)

もちろんビールは、岩手県遠野産ホップ使用のビール。美味しかったぁ!
岩手(岩手のホップを使ったビール)

大志田さんの飲み仲間として、特別参加してくださったザ・グレート・サスケさんに、写真撮影をお願いする人が殺到。それでもにこにこと笑顔で対応してくださいました。お疲れ様でした。
岩手(しんちゃんの友人サスケさん)

お礼に高知の”べく杯”で、新潟の美味しい日本酒を注いで、おもてなし。
岩手(土佐のべく杯とサスケさん)

みちのくの熱い南部魂が伝わってきた、大志田さんの「南部牛追歌」の熱唱姿。グッときたぜよ!!
愛する地元の歌をみんなに聴かせたいという、もてなしの心が印象に残り、ネットで調べました。県外人には意味不明な合いの手が出てくるのですが、それは牛方が牛に対しする掛け声を、そのまま唄の合の手に使っており、「キャラホー」は進行、「パーパーパー」は静かに止まれ、「コーシッコー」は進めといった意味なのだそうです。
大志田さんのお陰で、ますます遠い岩手の地に親しみを感じられました。感謝m(__)m
岩手(大志田さんの「南部牛追唄」熱唱姿!)

そして、まさかの再来。徳島本田さんのパペマペ芸!
今回は、お手製のサスケさんのマスクも登場して、最後は「そんなの関係ねぇー」で締めるという、いつもは国際空港の検問より固く厳しい(?)あわじぃ(※ビギナーの方へ。阿波グローカルネットの爺で、あわじぃです)の流行に敏感な感性を垣間見ました。敬服m(__)m
岩手(本田さんのパペットマペット、サスケ編)

そして、粋な演出。途中から「NPO法人さっぽろ住まいのプラットフォームのNPO法人設立」と、「NPO法人阿波グローカルネットのCOBO、グッドデザイン賞受賞」の祝賀会となりました。花束を受け取る細束さんの目に涙が。芳村さんも感激の様子でした。
BGMの「栄光の架け橋」(byゆず)のセレクトもなかなか・・・グッときたぜよ!!
岩手(札幌と徳島での活躍に花束を!)

懇親会の最後は、ネットワーク会議事務局の芳村さんと、新議長新潟の品田さんからの、次回1年後の福井での全国大会開催に向けてのエールで幕を閉じました。
岩手(事務局芳村さんと、新議長品田さんのあいさつ)

 
そして、2次会へと突入です。ここでも各地の皆さんと誰が誰だか分からなくなるほどの勢いで、たくさんお話をさせていただきました。中には、「本を読んで泣きました。」(※ビギナーの方へ。笹岡の赤裸々な(?)生い立ちからFJCを目指すまでが第1章に書かれた本「こんなにおもしろい福祉住環境コーディネーターの仕事/芳村幸司著」のことです。ぜひお読みください。)と声をかけてくださる方や、ご自身の活動の方向性での悩みなど相談をいただいて、真剣に語りあわせていただく場面もありました。(お陰で深酔いせずに済んだのかもしれません(^^;)
岩手(2次会スタート)

2次会会場の様子1
岩手(2次会の様子1)

2次会会場の様子2
岩手(2次会の様子2)

2次会会場の様子3
岩手(2次会の様子3)

2次会会場の様子4
岩手(2次会の様子4)

そして、3件目、4件目・・・5件目にたどり着いたのはAM4時でした。しかも焼肉店・・・。
岩手(5次会です・・・)

しかも焼肉も盛岡冷麺もしっかり完食・・・。グッときたぜよ!!(いろんな意味で(--;)
岩手(5次会しかもAM4時に冷麺&焼肉!)

 
そんなわけで、今回も熱い仲間からパワーをしっかりいただいて、高知の地に戻りました。こんな素晴らしい集いに参加したい高知の皆さん、ふくねこ会員になってともに活動し、来年は福井の地へ一緒に行きましょう!!
芳村さんいわく”愛すべきバカヤロー”たちの集合写真です。出会えて、ありがとう!
岩手(懇親会集合写真)

 
最後に、翌日都合で高知組は参加できなかったオプションツアーのわんこそば大会の画像を大志田さんからいただいたので、ご紹介します。美味しそうだけど、断る勇気の薄い私はきっと蓋をするタイミングをつかめそうにないので、とても挑戦する勇気がありません(^^;
岩手(2日目オプションのわんこそば)

 
でも、盛岡冷麺は最高に美味しかったです!!
素晴らしき盛岡、素晴らしき仲間!また行きます!(^^)
 

2007年6月タウンミーティングin徳島に参加
2007年11月27日 (火) | 編集 |
2007tokushima16月10日(日)徳島にて、『ディスカッションフォーラム~協働のカタチとミライ~豊中市の場合・徳島市の場合』と題して、NPO法人阿波グローカルネットの主催でタウンミーティングが開催され、高知のメンバー3名で参加してきました。
 
行政とNPOの協働について、大阪府豊中市と、徳島県徳島市のそれぞれの取り組みについての発表があり、そのあとフランクディスカッションという形式で自由な意見交換が行われていました。
 
豊中市からは、NPOの立場として私の師匠でもあるNPO法人ゆにばっぷの芳村幸司氏と辻元寿氏、行政の立場として高知にもお越しいただいて貴重なお話を聞かせていただいたこともある豊中市政策企画部部長の田中逸郎氏、そして豊中市市民活動課の本荘泰司氏がゲストスピーカーとして来られていました。
尊敬する偉大な先輩方なのですが、気さくに声をかけてくださり、2年前に皆さんが関わられている豊中まつりに参加させていただいたことを懐かしく思い出しました(^^)
 
豊中市では、市民公益活動団体と市が協働で取り組む提案を募集して市民と行政がともに豊中市をより良いまちにしていこうと平成16年度から協働事業提案制度を実施しています。
 
1.募集説明会
2.提案
3.関係課との事前意見交換・提案内容の修正
4.公開プレゼンテーション
5.決定
6.成案化検討
7.成案化事業の実施
 
という流れで成案化された事業は、来年度4月から実施になるそうです。
3.の関係課との事前意見交換・提案内容の修正は、事業開始当初はなかったそうですが、思いを持って”自分達の団体だけで頑張るよりも、市と組んだ方が充実した事業ができる”と企画を提案した団体と、それに関係する課とのやりとりが事前にない場合、せっかくいい企画でも成案化が決定した後に、関係課が「知らなかった、対応できない」ということになると無駄になってしまうので、決定審査前にそうした期間を設けたそうです。
そして、公開プレゼンテーションでは、提案団体が提案内容を説明し、その事業の関係課が提案内容に関わる地域課題や計画・施策について説明した上で、市民公益活動推進委員会が提案団体と関係課に質問をする形式になっています。ここでは「絶対に否定はしない、どうすればその提案がうまくいくかを検討する」という方向で話し合うことが、(暗黙の?)ルールとされているとのこと。
その方向性を共有できるだけでも素晴らしい!と、感激して聞き入っていました。
 
問題点として、単年度で処理できる事業、行政でできる範囲を守れる内容になりがちな面があったり、そうした協働事業の先進的な事例のある豊中市でもいいことだと分かっていても体外的に公平性・平等性を保つために認められない、実現できないなど、行政の壁は今でもある、という話もありました。
 
いいNPOとは、どんなNPOなのか?役人が選別するNPOがいいNPOなのか?
本来はサービス利用者、市民が決めるべきで、そうした事業の成果発表会は公開の場で市民に開かれた場で評価し、それをもとに制度を変えていくことが市民にとってよりよい事業を実現していくためには必要。
行政と市民が、サービスを提供する側と受ける側、という立場ではなく、NPOは行政とは違う公共サービスを供給することができる主体だから協働する意義があり、NPOと行政がそれぞれの主体性を発揮しあい、お互いが公共課題を共有して、win-winの関係を築いて解決していかなければ、いつまでも「行政はNPOを支援し、NPOは行政事業に協力する」というスタイルから脱することができない。
 
・・・高知の現状を思えば、身に染みる痛いお言葉・・・(--;
 
続いて徳島からの報告。徳島市のスピーカーは、主催のNPO法人阿波グローカルネット代表理事の本田圭一氏、そして行政の立場から徳島市市民協働課主事の只安敬子氏。
徳島市協働提案事業支援制度」初年度を担当した、徳島市協働課主事の方がスピーカーのお一人として登壇。初年度ということもあり、制度の失敗点も認めながら、今後の改善に向けての姿勢を見せてくださった。事前に関係課との打ち合わせなしに選考委員の評価で当選。決定してから、担当課と打ち合わせの段階で決裂、中止になる場合もあり、その場合は次点の団体が繰り上げになるという流れになってしまったそう。でもそれでは結局、審査は無意味で、最終的には担当課に決定権があることになってしまう!
これではいけないということで、事前に団体の紹介や活動内容、提案のあった事業の内容などを担当課に持ち込んで、意見交換をしてもらうように改善していっているとのことでした。
 
その後、高知での委託事業を通しての行政との関係やその効果について意見を求められ、今年で2年目となった高知市からの住宅改造アドバイザーの委託事業について、簡単に報告をさせていただいた。
高知でこうしたディスカッションの場を設けたら、はたして同じようにNPOと行政の担当課の職員がスピーカーとして壇上に並び、お互いの失敗点や欠点などを正直に話し合い、これからどう改善していけばいいかという話し合いが、公開の場で実現出来るだろうか?・・・と考えると、その壁は厚いように感じる。
 
あくまで目的はいいサービスを提供する事であり、協働はひとつの手段。
行政の構造を変えて行きたいための手段として、市民公益活動、みんなで支える作業がある。
最後に”協働のコツとは、もともと違う価値観と認識すること。相手の価値観を否定しないこと”という言葉で、タウンミーティングは締めくくられた。
 
まだまだ高知での現状を思えば、壊して切り拓いていかなければいけない壁の多さにため息が出そうになるけれど・・・。
否定からは何も生まれない。今は現状の中で実績を積んで、自分達の姿勢を行政、市民の方にも見てもらい、信頼を勝ち得ていく時期なのかもしれない。あせらずにNPOとしてのミッションを見失わずに頑張っていこう。
 

2006年12月福祉住環境ネットワーク会議全国大会in徳島
2007年11月27日 (火) | 編集 |
12月2・3日の2日間。全国で福祉住環境整備を柱に活動している団体が徳島の地に集結し、福祉住環境ネットワーク会議が開催されました。簡単に写真だけのアップですいません!
 
Tokushima1左から東京商工会議所検定対策部長の川瀬さん。今年度議長の岩手の大志田さん、事務局の芳村さん。福祉住環境コーディネーター協会の杉田さんです。
 
 
 
 
 
 

Tokushima3愛知、大阪の皆さん。
 
 
 
 
 
 
 
 

Tokushima4北海道、宮城、福島、新潟の皆さん。
 
 
 
 
 
 
 
 

Tokushima5新旧交代!今年度議長の岩手の大志田さんから、福井の谷口新議長へ激励も込めて熱い握手です!
 
 
 
 
 
 


Tokushima6第2部パネルディスカッションの様子。高知から笹岡もパネリストとしてお話させていただきました。
 
 
 
 
 
 
 

そして・・・懇親会では、大盛り上がり!! 
  
会場では、シティFMの取材も数名にさせていただきました。皆さんマイクを向けても「本当なの?」と半信半疑(^^;来年1月の最初の放送となりますので、お楽しみに(^^)
Tokushima9
 
 
 
  
 
 
 
 

Tokushioma7徳島に来たら、阿波踊りを習得して帰ろう!ということで、みんなで阿波踊りを体験!意外と細やかな動きに特徴があり、難しかったです!
 
来年は、岩手県盛岡市での開催となります!それまでの1年に高知も成長したいと思います。お会いできた皆さん、ありがとうございました!